結婚式ガイド >  二次会 >  ニ次会を計画する

ニ次会を計画する

●結婚式のニ次会を計画する●


ニ次会 ◆結婚式の二次会の幹事、司会を選ぶ
結婚式の二次会は、披露宴に呼ばなかった知人にも
参加してもらって、気がねのいらないメンバーで、
楽しみながらお祝いするというのが主旨。
企画も司会進行も、仲の良い友人に頼んでしまいましょう。

協力してもらう友人に集まってもらって打ち合わせ。
幹事、司会などをお願いして、新郎新婦側としては
出席人数を連絡するようにします。


◆結婚式の2次会はいつ開く?
時間を効率的に使う場合は、挙式・披露宴・二次会を1日で済ませます。
開始時間は、披露宴終了の1時間半後くらいが目安。
新郎新婦は、あわただしいですが、披露宴の盛り上がりの延長ではしゃげること
同日の二次会の方が友人を招集しやすいことがメリットです。

披露宴の後日、改めて二次会を開く場合は、新婚旅行から帰ってきて
1週間から2週間以内で。あまりすぐでは、新郎新婦も疲れてるでしょうし、
間があきすぎると興ざめです。

会場は、披露宴当日の2次会だとなるべく移動距離の短い場所を、
選ばなければなりませんが、後日の場合は好きな場所を選べます。

どちらを選ぶかは、新郎新婦の状況によります。
忙しい二人なら、後日時間をとるのが大変でしょうし、遠方から来る友人が多い場合も
当日の方が親切です。
ゆっくり時間をとって、無理なく楽しんでもらいたいなら後日に二次会


◆結婚式の二次会について
結婚式、披露宴の二次会は、披露宴に参加した人もですが
結婚式や披露宴に参加できなかった、友人たちが、二人を
お祝いするために集まります。
結婚式よりは、雰囲気も柔らかく、友人たちが中心ですので、
楽しい雰囲気の中で、二人のお祝いのために、
スピーチやゲーム、歌などの余興をするのです。

新婦はウエディングドレスやカクテルドレスなどの衣装での服装で
登場することが多いようです。

2次会に参加する人の服装も、絶対に正装のドレスやスーツでは
ないようですけれども、普段着よりはオシャレなファッションで
参加される方が多いです。
何でも良いと言ってもある程度の服装、洋服のマナーはあります。
特に女性、女の人はドレスなどおしゃれをしてきますね。
男性、男の人はスーツでの服装が多いようです。

二次会は、新郎と新婦側の友人が企画をし、幹事をし
会場を決めて、案内状、招待状、チラシを手作りなどで作成し、
友人たちに案内してくれます。
BGMを選択してくれ、出し物の余興などを決めてくれ、
後、司会、進行までしてくれる事が多いようです。

二次会も結婚式と流れは同じです。
最初に司会者、幹事から挨拶があり、
友人代表からスピーチや乾杯の音頭があり、
ケーキカットがある時もあります。

その後の2次会の余興は、出し物として、歌、ゲーム、スピーチなどです。
サプライズな出し物もあったりする事もあります。

当然新郎新婦のキッスもありますね、シャッターチャンスの。
最後には、新郎新婦の締めの挨拶など。

参加者の方で、結婚式、披露宴に参加されてない方は、
二次会の時に、お祝い、ご祝儀を渡すことが多いです。

食事などのマナーには気をつけましょう。

二次会

二次会は、披露宴に呼べなかった人なども参加してもらって、楽しみながらお祝いしましょう。

関連エントリー

ニ次会を計画する
結婚式の2次会の運用


結婚前、準備

結婚指輪

結婚式

披露宴(新郎・新婦)

披露宴(出席者)

ブライダルフェア

婚礼衣装(衣裳)、ドレス等

ハネムーン(新婚旅行)

二次会

新婚生活

リンク集

運営者情報