結婚式ガイド >  二次会 >  結婚式の2次会の運用

結婚式の2次会の運用

●結婚式の2次会の運用●


2次会 2次会の会費等の運用
結婚式の2次会は、ほとんどが会費制です。
招待制ではまた、ご祝儀やお礼が面倒になってしまいます。
会費は、6,000円~8,000円位が一般的。

また、男性と女性では、女性の会費を若干抑えるのが通例です。

披露宴から出席してる人は、お腹もいっぱいだし、
金銭的にも負担になるので、会費を安くしてあげるという場合もあります。

予算はおよそ、飲食代プラス場所代で7割、余興の道具や景品で1割、
招待状などの雑費で1割と考えます。
つまり、レストランやパーティースペースで提示されている金額(例えば4,000円)に
1,500円~2,000円プラスした額が、会費となります。

予算にゆとりをもたせないと、欠席者が出た時や思いがけない追加料金を
取られた場合に、赤字になってしまう事も。
幹事や出席者の負担が大きくならないよう、
ある程度の持ち出しは覚悟しておきましょう。
手伝ってくれた友人には、3次会でねぎらうなどの心配りも忘れずに。


2次会の会場はどんな所に?
2次会の会場は、レストランやレンタルスペースなどが人気。
外国っぽく、ガーデン・テラスなどの屋外やクラブハウスも素敵です。

披露宴の後すぐ二次会の場合、すでに満腹でしょうから、
料理メインのレストランではきついでしょう。
場所も披露宴会場の近くに限定されてしまいます。
後日開く時には、お気に入りの場所、おいしい料理など趣向をこらしたいですね。


二次会の出席者にプレゼントを
2次会の出席者にもちょっとしたプレゼントを配ります。
ひとり500円~1000円くらいの物を。

2次会からの出席者の事を念頭に入れ、新居の案内なども
一緒に配りたいですね。


◆ウェディングドレスや生花を流用
結婚式や披露宴で使った生花は、お持ち帰りOKの所も。
せっかくなので、二次会でもたっぷり飾ってみるのは?
手作りしたウェルカムボードや、ウェディングドールも一緒に持って行ってもらいましょう。
それだけで、2次会の雰囲気がよりウェディングらしくなるでしょう。

二次会の会場に着替えるスペースがあるなら、披露宴に出席してない人のために、
ウェディングドレスのまま登場して、晴れ姿を披露するのもいいでしょう。


2次会のプログラムと余興
披露宴ほどきっちりした進行表はいりませんが、ある程度の時間割りは必要です。

受付・開場・新郎新婦入場・乾杯・ケーキ入刀・ゲーム(余興)・挨拶・退場・閉宴の
時間はしっかり決めましょう。
ノリとアドリブで変動できるラフなプログラムで十分です。

みんなが参加できるゲームを、ひとつは入れましょう。
新郎新婦が中心のアトラクションも含め、2種類が適当です。
場がもたない時の事も考えて、簡単なゲームやクイズをサブとしてもう一つ、
用意しておくと万全。

決まったスタイルのない二次会とはいえ、単なる飲み会になってしまわないようにしたいもの。
BGMの選曲にメリハリをもたせたり、主役の二人と参加者が歓談できる
時間をとったりすることが大切です。

二次会

二次会は、披露宴に呼べなかった人なども参加してもらって、楽しみながらお祝いしましょう。

関連エントリー

ニ次会を計画する
結婚式の2次会の運用


結婚前、準備

結婚指輪

結婚式

披露宴(新郎・新婦)

披露宴(出席者)

ブライダルフェア

婚礼衣装(衣裳)、ドレス等

ハネムーン(新婚旅行)

二次会

新婚生活

リンク集

運営者情報