結婚式ガイド >  婚礼衣装(衣裳)、ドレス等 >  新婦・新郎の和装

新婦・新郎の和装

●新婦の和装(白無垢、振袖、色打ち掛け等)●


白無垢 色打ち掛け 振袖

◆結婚式での新婦の和装

和装のスタイル
和装の礼装は、着物の上にもう1枚打ち掛けをはおるスタイルが一般的です。
なかでも、打ち掛け、掛け下(下の着物)から帯、扇子、ぞうりなどの小物まで全てを
白で統一した白無垢は、最も格式の高い礼装とされています。

また朱や紫、緑などの生地に、きらびやかな金銀の刺繍や染め、織りを施した
色打ち掛けも、華やかで人気があります。

掛け下は、白か朱や赤の着物を着て、帯やぞうり、小物は打ち掛けに合わせて、
金銀中心のものを選びます。

格式のある大振袖とともに披露宴のお色直しで着られることが多い振袖。


■和装のヘア
ヘアは文金高島田のかつらをつけるのが一般的です。
挙式の際にはこれに角隠しか綿帽子をかぶります。
ちなみに綿帽子は白無垢にのみ合わせ、角隠しは白無垢、色打掛、振袖の
いずれにも合わせられます。かつては、仏式に綿帽子、神前式に角隠しとも
言われたようですが、今はそのような区別はありませんので、
自分に似合うほうを選べばいいでしょう。

披露宴の時は、綿帽子や角隠しははずし、代わりにかんざしや笄などを飾ります。
また、新和装には白髪やウィッグを使ったモダンなアレンジにしても素敵です。


和装の小物
結婚式で和装には合わせる小物が決まってます。
それぞれ意味合いがありますので
それを知ったうえで身に付ければ、より気持ちが引き締まるはずです。


●綿帽子
挙式時に着けるもので、白無垢に合わせる。

●角隠し
挙式時につけるもので、白無垢と色打掛のどちらにも合わせられる。

●かんざし
素材はべっこう、銀、象牙、さんごなど。

●末広
扇のこと。「末広がり」の意味を持つ。右手で持ち、左手を軽く添える。

●筥迫(はこせこ)
おしろいや紅筆などの化粧道具などを入れた袋物。胸元に差し、模様をちらりと見せる。

●帯枕
帯のふくらみを出すためのもの。

●伊達巻
掛下には、伊達巻と呼ばれる細い帯を巻く。一般の着物に使う伊達締めと間違えないように。

●懐剣
懐剣袋に白い組み紐がついた形が一般的。懐剣袋を帯に差し、組み紐を胸にたらす。

●腰ひも
着物の丈を合わせて腰などで結ぶひも。白いのが4~6本必要。

-------------------------------------------------------------------------------------------------
ke97.jpg ◆結婚式での新郎の和装

新婦と和装か洋装を統一するのが正式です。

新婦が打ち掛けスタイルなら、新郎は黒紋付きの羽織袴を。
羽織とその下の着物黒色、羽織のひもは白にします。
この時、紋は白く染め抜いた五つ紋を入れるのが、最上の格になります。

袴は仙台平または博多平の黒か茶の縞のものを着用。
帯は角帯、白い扇子を持ち、半襟、足袋も白、ぞうりは畳表で鼻緒が白いものが正式。

最近は、茶やグレーなどの色物や白い紋服も人気があるようですが、
これらは略式の礼装になります。

婚礼衣装(衣裳)、ドレス等

ウェディングドレス、小物、アクセサリー、ブーケ、お色直しのドレス、モーニングコートなど。レンタルとオーダーメイドの選び方など。

関連エントリー

婚礼衣裳(衣装)髪型の選び方
新婦・ウエディングドレス、小物
新郎・モーニングコート等
新婦・新郎の和装


結婚前、準備

結婚指輪

結婚式

披露宴(新郎・新婦)

披露宴(出席者)

ブライダルフェア

婚礼衣装(衣裳)、ドレス等

ハネムーン(新婚旅行)

二次会

新婚生活

リンク集

運営者情報