結婚式ガイド >  ブライダルフェア >  ブライダルフェアに行こう

ブライダルフェアに行こう

●ブライダルフェア●


ブライダルフェア ■ブライダルフェアーで情報収集
結婚式の会場をチェックするのにお勧めしたいのが、
ブライダルフェアです。

ブライダルフェアでは、模擬挙式や模擬披露宴、
婚礼衣装のファッションショー、コーディネートされた宴会場の展示、
婚礼料理試食会、衣装試着会など、様々なイベントが行われ、
通常の日に下見に行くよりも、より具体的な情報が得られるのです。

模擬挙式や模擬披露宴は臨場感たっぷりで、
挙式や披露宴の様子がよくわかるので是非、見学したいものです。

婚礼料理試食会では、無料もしくは割引料金で
その会場の味をチェックする事ができます。

そして、結婚式、披露宴会場のコーディネートの展示。
これで、本番の披露宴の雰囲気がつかみやすいです。

さらに、フェア当日に成約すると料金を割り引くなどのサービスを実施する会場もあります。


■ブライダルフェアーに参加するには
結婚を考えてるカップルなら、誰でも参加OKです。
当日にいきなり行っても大丈夫ですが、ブライダルフェアや催し物によっては、
事前に予約が必要な場合もあります。
参加費用も基本的には無料です。
ですが、試食会などは別途料金が発生することもあります。

見学に要する時間は、2~4時間位。
近隣の会場は同じ日にブライダルフェアを開催する傾向にありますから、
上手に予定を立てれば1日に2~3軒は回れるはずです。

-------------------------------------------------------------------------------------------------
■ブライダルフェアに行く時の服装
ブライダルフェアに行く行く際は、カジュアルすぎる服装は避けたいものです。
特に高級ホテルなどでは、あまりにラフな服装だと回りから浮いてしまいます。

衣装の試着会がある場合、女性は人に見られても恥ずかしくない下着を
身に付けていきましょう。
というのも、試着の際にスタッフが手伝ってくれることがあるから。
洋服は脱ぎ着がしやすいものを。
前開きのものの方が、お化粧で洋服を汚す心配が
ありませんし、ヘアスタイル、髪型もくずれません。

靴は男女とも履き慣れた歩きやすいものを。
ブライダルフェアでは結構歩き回ります。


ブライダルフェアに持って行くもの
メモ帳(手帳)と筆記用具は、必須です。
1日いくつものブライダルフェアを回る場合、どこがどうだったか混乱します。

カメラやビデオなどもできれば持って行きましょう。
衣裳の試着はもちろん、宴会場やロビーなど施設を撮っておくと、後で便利です。

-------------------------------------------------------------------------------------------------
ブライダルフェアについて
やはり、一生に一度のブライダル、ウェディング。
花嫁が主役になるブライダルですから、キッチリ下見をかねて
二人の気に入った結婚式場、ホテル、レストランを探す為にも
ブライダルフェアには参加した方がいいですね。

自分のブライダルのイメージができます。
結婚式場も決めやすくなります。

結婚式のブライダルフェアの情報は、結婚情報詩、口コミ、
インターネットなどで収集してください。
色々なところでやってます。
ブライダルフェアはホテル、結婚式場、レストランウエディングなど。

ブライダルフェアは日本全国で行われています。
東京、大阪、京都、千葉、浦安、関東、首都圏、横浜、広島、札幌
神戸、山梨、福岡、沖縄、岡山、仙台、関西、神奈川、名古屋
松山、静岡、埼玉、宮城、山梨、鹿児島、兵庫、徳島、軽井沢
熊本、大分、滋賀、富山、愛媛、長崎、那須などなど

ブライダルフェアーの内容、企画は、
ホテルなど結婚式場によって違いますが、モデルさんが新郎、新婦役で
衣装もウエディングドレスなどを来て、一通り結婚式の内容をして、
お料理の試食を格安、無料でできます。

是非ブライダルフェアーに参加して、お料理のお味なども確かめて、
結婚式会場をお決めになってください。

ブライダルフェア

ブライダルフェアーに行ってじっくり見てから会場を選びましょう。

関連エントリー

ブライダルフェアに行こう
ブライダルフェアでのチェック


結婚前、準備

結婚指輪

結婚式

披露宴(新郎・新婦)

披露宴(出席者)

ブライダルフェア

婚礼衣装(衣裳)、ドレス等

ハネムーン(新婚旅行)

二次会

新婚生活

リンク集

運営者情報