結婚式ガイド >  披露宴(出席者) >  結婚式の服装、ドレス

結婚式の服装、ドレス

●結婚式、披露宴での服装、ドレス●


■結婚式・披露宴での両親、媒酌人、親族の服装ドレス

●結婚式での両親と媒酌人の服装
新郎新婦の両親と媒酌人は服装をそろえます、服装のマナーです。
父親と媒酌人は洋装なら、モーニングコートやタキシード、ブラックスーツなどから。
父親の和装の場合は、黒の五つ紋付き羽織袴が正式です。

母親と媒酌人婦人は、洋装ならアフタヌーンドレスやイブニングドレスが正式マナーです。
落ち着いて上品なものを選びます。
和装の場合は、黒の五つ紋付きの黒留め袖が正礼装です。

●結婚式での他の親族の服装
男性の場合は、新郎新婦の父親よりも控えめな服装がマナーです。
ブラックスーツやダークスーツ等の服が適当です。

女性は、既婚者は黒留袖かセミイブニングドレスやアフタヌーンドレスなど、
母親と同様に。
未婚者は、和装なら振袖や訪問着、洋装ならセミ・イブニングドレスや
アフタヌーンドレスにします。
白は花嫁の色なので、白いドレスは避けます。
結婚式では新婦より華やかにならないのが結婚式での服装、ドレスのマナーです。



■結婚式・披露宴での男性の服装

●結婚式での男性の洋装
結婚披露宴、ウエディングでの男性の招待客、ゲストの服装は洋装が普通です。
一般的な結婚式の場合の服装は、ブラックスーツやダークスーツ。
ワイシャツは白色にし、ネクタイは白黒のストライプや白、シルバーグレーなどの
無地のものを締めます。
ただ最近は柄物のネクタイをする人も多く、ポケットチーフとコーディネートして
おしゃれな服装で決めてもよいでしょう。
靴は黒色のものして、フォーマルに。



■結婚式・披露宴での女性の服装

●結婚式・ブライダルでの女性の和装・着物
和装の場合、未婚女性なら振り袖、既婚女性なら黒留袖や色留袖が正礼装です。
しかしこれらの服装は花嫁や親族などが着用するのが一般的。
参列者は袖の丈がやや短めの中振り袖や小振り袖にしたり、訪問着にします。
いずれも、未婚、既婚に関係なく結婚式・ウエディングには着れます。

●結婚式・ウエディングでの女性の洋装・ドレス
結婚式では、ゲスト・招待客の服装ドレスは新婦より派手にならないもがマナー。
友人、ゲストはブライダルでは白一色のドレスは避けます。
黒一色のドレスも避けます。
洋装・ドレスの場合、フォーマルドレスは結婚式・披露宴の時間を気にする必要も。
一般的なブライダル、結婚式の服装は、セミ・アフタヌーンドレスかドレッシーなワンピースや
スーツをアクセサリーなどで上手にコーディネート。
パーティードレスなどのお呼ばれドレス、カラードレス、中にはチャイナドレスなども。
正式なウエディングの場合は、昼間ならアフタヌーンドレス、
夕方以降の結婚式・ブライダルならロングのイブニングドレスなどが正式な服装です。

お呼ばれドレスのパーティドレスなどはレンタルもあります。
結婚式、ウエディングのためにドレス選びをするのも楽しいものです。
色んな、お店、ショップに行きドレス選びを楽しみましょう。
通販などでも販売されてるようですが。
冬のドレスは少し困りますけど。
二次会などでもドレスなどの、綺麗な服装で。



■結婚式・披露宴での子供の服装

子供やベビーの服装には特にルールはありません。
学校に制服がある場合は、それが結婚式での公の服装になります。
制服がない場合は、男の子はブレザーに半ズボンのスーツ、
蝶ネクタイをつけるのも良いでしょう。
女の子ならレースやフリル使いのワンピースなどの服装で。
髪にリボンを結ぶのもかわいいでしょう。

披露宴(出席者)

披露宴でのスピーチの方法、余興などについて、出席者の立場で。

関連エントリー

結婚式招待状の返信・返事
結婚式の電報・祝電の打ち方
結婚式の服装、ドレス
結婚式、披露宴での祝辞
結婚式・披露宴のスピーチ
結婚式・披露宴の余興


結婚前、準備

結婚指輪

結婚式

披露宴(新郎・新婦)

披露宴(出席者)

ブライダルフェア

婚礼衣装(衣裳)、ドレス等

ハネムーン(新婚旅行)

二次会

新婚生活

リンク集

運営者情報