結婚式ガイド >  披露宴(出席者) >  結婚式招待状の返信・返事

結婚式招待状の返信・返事

●結婚式、披露宴の招待状の返信・返事●


招待状の返信・返事 ◆結婚式招待状返信返事
結婚式の招待状返信の書き方としては、
招待状を受け取ったら、返信のマナーとして、
なるべく早く返事を出すという事です。
早い招待状返信の方が、
喜んで出席させていただくという気持ちが
伝わりますのできるだけ早い返事を。



結婚式、披露宴の招待状返信の書き方のマナー、方法としては
出欠の返事は、出席か欠席のどちらかに丸をつけるだけでなく、
お祝いの言葉を一言メッセージを書き添えると気持ちが伝わります。
一言メッセージ、コメントの文例などは、
文例集などを参考にしてください。

はがきの御出席、御欠席、御住所、御芳名などの
「御」の字は2本線で消します。
それに、宛名の下の「行」も同様に消して、「様」と書く事もお忘れなく。
これらは、招待状の返事の書き方の基本的なマナーであり、返信方法です。
これらの返信の仕方は、面倒なようですが、
自分に謙虚に相手に敬意をもって
対応するのが、結婚式の招待状返信の書き方のマナーです。

これらの最低限の結婚式、披露宴の招待状返信の書き方、方法の
マナーを守って、気持ちよい喜ばれる返事を返しましょう。



●結婚式に欠席する場合
ウェディングに欠席する場合、招待状返事の書き方としては、
お祝いの言葉とともに欠席の理由を書き、
お詫びの気持ちをこめてハガキを返信します。
病気などの場合は、「都合により・・・」などとぼかして葉書に
書いておいた方が良いでしょう。それらも書き方のマナーです。



●結婚式に当日出席できなくなった時
急な用事などで、当日になって結婚式、披露宴を
欠席しなければならなくなった時は
できるだけ早く連絡をとります。無断欠席は失礼ですので、必ず連絡を入れる。
もちろん後日改めて、欠席のおわびをします。

披露宴(出席者)

披露宴でのスピーチの方法、余興などについて、出席者の立場で。

関連エントリー

結婚式招待状の返信・返事
結婚式の電報・祝電の打ち方
結婚式の服装、ドレス
結婚式、披露宴での祝辞
結婚式・披露宴のスピーチ
結婚式・披露宴の余興


結婚前、準備

結婚指輪

結婚式

披露宴(新郎・新婦)

披露宴(出席者)

ブライダルフェア

婚礼衣装(衣裳)、ドレス等

ハネムーン(新婚旅行)

二次会

新婚生活

リンク集

運営者情報