結婚式ガイド >  披露宴(出席者) >  結婚式・披露宴のスピーチ

結婚式・披露宴のスピーチ

●結婚式・披露宴のスピーチのアドバイス、心得●


スピーチ・余興などの心得 ◆結婚式のスピーチのアドバイス・・短く印象に残るように
前もって、結婚式でのスピーチを頼まれたら、どんな立場で話すのか、
ほかに誰が話すのかなどを尋ね、自分の立場に最もふさわしい
内容を考えましょう。来賓の顔ぶれも考慮します。

本人たちを良く知ってる人ばかりで、
内輪の和気あいあいとした結婚式、披露宴なら、
自分だけが知ってるようなトピックを披露したり、
これからの二人への注文などに重点を置くスピーチにするとよいでしょう。

しかし、ブライダルでは二人についてよく知らない人が多い時は、
その人たちに、新郎新婦の人柄を
印象付けるような、心温まるエピソードをスピーチするのがよいでしょう。

また友人と言っても、職場の仲間は昔のふたりを知らないし、
学生時代の恩師や友人は、職場での姿を知らないわけですから、
その辺を結婚式でスピーチするとウェディング列席者全員が、
新郎新婦の全体像がわかり、
楽しい披露宴、結婚式になるはずです。

スピーチはだいたい3分以内に短くまとめるのが基本です。
原稿用紙で3枚程度です。

要点を書いたメモを持って行っても良いでしょう。
明るくにこやかに、ふたりを祝う気持ちが列席者全員に伝わるように語りかけて、
忌み言葉や敬語に気をつけ、聞き取りやすい声で、はっきりとスピーチしましょう。


スピーチの内容の構成
1、お祝いの言葉
2、招待へのお礼
3、自己紹介
4、新郎新婦との関係
5、エピソード
6、結びの言葉


-------------------------------------------------------------------------------------------------
◆ゆっくりと丁寧に話す
おおぜいの人が集まっている結婚披露宴でのスピーチは、なかなか難しいもの。
スピーチの指名をされたら、ゆっくりと立ち上がり、マイクの位置を確かめ、
深呼吸をして心を落ち着けてから話し始めます。
また、新郎新婦にお尻を向けないように体をずらします。

背筋まっすぐ伸ばし、両足をそろえ、視線をあまり動かさないように。
マイクと口の間は15~20cmあけ、ゆっくりとした話し方で、
丁寧に歯切れよくスピーチします。


◆突然スピーチの指名をされたら
急に指名された時は、あわてずゆっくり立ち上がりながら、何を話したらよいかをまとめ、
お祝いを述べ、自己紹介をしながら次の言葉を探します。
「突然のご指名なので上手に表現できません」と断って、ありのままの気持ちを述べれば、
真心は伝わるはずです。


◆スピーチで使ってはいけない忌み言葉
●不幸を連想させる言葉
切れる  別れる  離れる  終わる  破れる  滅びる  

苦しい  薄い  浅い  飽きる  出る  返す  帰る

●再婚を連想させる重ね言葉
重ね重ね  ますます  いよいよ  くれぐれ  たびたび


披露宴(出席者)

披露宴でのスピーチの方法、余興などについて、出席者の立場で。

関連エントリー

結婚式招待状の返信・返事
結婚式の電報・祝電の打ち方
結婚式の服装、ドレス
結婚式、披露宴での祝辞
結婚式・披露宴のスピーチ
結婚式・披露宴の余興


結婚前、準備

結婚指輪

結婚式

披露宴(新郎・新婦)

披露宴(出席者)

ブライダルフェア

婚礼衣装(衣裳)、ドレス等

ハネムーン(新婚旅行)

二次会

新婚生活

リンク集

運営者情報