結婚式ガイド >  結婚式 >  結婚式、ウェディングスタイル

結婚式、ウェディングスタイル

●結婚式、ウェディングのスタイル●


結婚式スタイル 結婚式のスタイルを決定

・教会式
・神前式
・人前式


◆教会式(キリスト教式)


宗教 : キリスト教

挙式場 : 会場内のチャペル、街の教会

衣裳 : ウェディングドレス

神の教えに従った神聖な儀式
教会での結婚式、ウェディングは本来は信者に限られていましたが、結婚についての考えを
理解した上なら、信者でなくても挙式を行えるところが増えてきました。
また、ほとんどのホテルや式場の中にチャペルが設けられ、信者であるなしに
関係なくキリスト教スタイルの結婚式が挙げられます。


●結婚指輪の交換
結婚指輪の交換は、もともとは欧米の習慣ですが、日本でもすっかり定着しています。
結婚指輪は、ゴールドやプラチナでシンプルなものが一般的ですが、ダイヤが入った物や
カットの入ったもの、裏側にメッセージを刻んだものなど様々あります。
一生身につける物ですから、二人そろって店に出向き、飽きのこない、
質のよい物を選びましょう。


◆神前式


宗教 : 神道

挙式場 : 会場内の神殿、街の神社

衣裳 : 和装、洋装、平服でもOK

日本古来の神の前で夫婦の契りを結ぶ儀式
神道の神の前で三三九度の杯を交わし、玉串をささげて夫婦の契りを結ぶ儀式です。
本来は氏神がまつられる神社で行われるものですが、現在では、
ホテルや結婚式場などの中に設けられた神社の前で行うことがほとんどで、
宗教的な意味合いは薄くなって入るようです。
とはいえ、雅やかな雅楽の調べが流れる中で、厳かに進められる日本独自の
この挙式スタイルは、根強く支持されています。


●神社・寺院・教会へのお礼
神社や寺院、教会などで挙式をした時は、挙式料とは別にお礼をするのが一般的です。
金額は、挙式をした所と相談して決めればいいでしょう。
神社は「御初穂料」、寺院は「寿」、や「御法礼」と表書きした紅白結び切りの祝儀袋、
教会は「献金」と書いた白い封筒に入れて渡します。
「御礼」はいずれの場合も使えます。


◆人前式


宗教 : なし

挙式場 : どこでもOK、披露宴会場と同じ場所

衣裳 : 和装、洋装、平服でもOK

ブライダルの参列者の前で結婚を誓う自由な結婚式
人前式の結婚式は、これまでの2つのスタイルとは違って、全く宗教色のない式です。
神の前でなく、参列してくれた人々の前で結婚を誓い、その証人になってもらうもの。
特に決まった形式はなく、自分たちの希望で、自由に演出できます。
一般には、披露宴の会場で、新郎新婦が結婚の誓いの言葉を述べ、
婚姻届に署名捺印をする儀式を行い、そのまま引き続き披露宴に入るという
スタイルが多いようです。


◆海外ウェディング


ふたりや両親、親しい人たちだけで行う海外ウェディング(挙式)は、
招待客をあまり呼ばなくて済み、費用が割安で上がる、
ロマンチックな雰囲気が味わえるなどといった理由で、近年、人気が高いウェディングです。


◆オリジナルウエディング(結婚式)


レストランウェディング

●レストランウェディング(結婚式)
二人の行きつけのレストランや、料理がおいしいと評判のレストランなどで
披露宴もかねたウェディング(結婚式)は、オリジナル結婚式としては、最も人気のスタイル。

●リゾートウエディング(結婚式)
高原の教会やホテルのチャペルで行うリゾートウェディングは、根強い人気がある。
挙式後、リゾートホテルで披露宴も開ける。
お気に入りのリゾートや思い出の地での挙式は魅力敵なスタイルです。

●アウトドアウェディング(結婚式)
アウトドア派のふたりなら、河原や海辺、あるいはスキー場で結婚式を挙げても。
ゲレンデでふたりが滑って降りてきて、誓いの言葉を述べるのもしゃれている。

●船上ウエディング(結婚式)
クルーズを楽しみながらの船上ウェディング。船を借りきるので費用はかかるが、
海の上でのブライダル挙式と披露パーティーは招待客にもよい思い出になるはず。

●自宅ウェディング(結婚式)
戦前は、自宅に親類縁者を呼んで挙げる自宅結婚式が一般的だったが、
現在の住宅事情では難しくなっている。しかし、親族だけのごく内輪の式なら可能である。

結婚式

結婚式の様々なスタイル、海外ウェディング情報そして結婚式当日のアドバイスなど。

関連エントリー

結婚式、ウェディングスタイル
海外ウェディング
結婚式当日のアドバイス


結婚前、準備

結婚指輪

結婚式

披露宴(新郎・新婦)

披露宴(出席者)

ブライダルフェア

婚礼衣装(衣裳)、ドレス等

ハネムーン(新婚旅行)

二次会

新婚生活

リンク集

運営者情報